電動ガン

【レビュー】E&C製SAI GRY SBR

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回はE&C製の電動ガン『SAI GRY SBR』をご紹介します!!

どこか近未来的な雰囲気を纏うGRY SBRですが、実銃が存在するので架空銃ではありません。

モデルになった実銃は、アメリカのネバダ州はラスベガスにある『Salient Arms』社が作ったものでGRYというシリーズのうちの一つです。 ハンドガードと一体化したマズルデバイスが特徴的ですね。 これはJAILBREAKと呼ばれているそうです。

バリエーション

現在SAIのホームぺージでバリエーションを見てみると11.5インチのSBR、14.5インチRIFLE、11.5インチでスタビライザーを装備したPISTOLの3種類が販売されています。(CARBINEは売り切れとの表記もあるのでもう1モデルあるかも) また、それぞれ使用弾薬が.300BLK弾のモデルと5.56mm弾の両モデルがあります。 商品ページでは14.5インチモデルをCARBINEと呼んでいたりPISTOLモデルが12インチとなっていたりちょっとチグハグな表記が見られます。 謎だ。

とりあえず、今回紹介する電動ガンは11.5インチのSBRということになります。

映画『13時間』にも登場

GRYは映画『13時間 ベンガジの秘密の兵士』にも登場しました。 ベンガジGRSのチーフ、タイロン・ロン・ウッズが使っていたのがそうです。 ただし、ベンガジの公使館が襲撃された事件は実際には2012年に起きた事件なので、当時はまだGRYシリーズは発売されていませんでした。 映画の中での演出であり現実とは異なります。

それではエアガンのレビューに入っていきたいと思います。

外箱はすごくシンプルです。 M4RISと書いてありますがウソですね笑

OPEN THE BOX☆ この瞬間が一番ワクワクするぜぇ・・・。 シンプルな外箱でしたが、安物中華とは思えないほどしっかり梱包されています。

フロント周辺

まずはフロントから見ていきます~。 やはり真っ先に目を引くのはJAILBREAK。 この独特のデバイスによってマズルブラストが左右に居る人に当たらないように出来るんだそうです。

ちなみにJAILBREAKは取り外すことができ、中には4つ又のハイダーがついています。 これも取り外せますのでサプレッサーを付けることも可能です。

独特の肉抜きが施されたハンドガード。 M-LOKのスロットが左右と下面に配置されています。 オプションのレイルなどは同梱されていないので、自分で用意する必要があります。

ハンドガード上部はピカティニーレイルになっています。 現行の実銃はリア・フロントサイトにMBUSが装備されていますが、この製品ではTROYタイプのフォールディングサイトが載っています。 穴から覗くガスチューブがイカしています(゚∀゚)

フレーム周辺

フレーム見てみます。 刻印はエッジこそ経っていないものの結構ハッキリ掘られています。

反対側はこの様になっています。 なんかMUR-1っぽいアッパーですね。 ロアも普通のM4レシーバー・・・。 E&Cめ、他のモデルの金型を流用しやがったな笑 実際のGRYはアッパーもロワーもオリジナルのレシーバーです(´・ω・`)

アッパーはMUR-1ですが、ボルトフォワードアシストだけGRYのものが再現されています。 このシルバーがワンポイントになって映えますね~

チャージングハンドルを引くとダストカバーが開き、ダミーボルトがでてきます。 これは金ぴかにメッキされててキレイ!! SALIENTの文字も入っています。

さらにダミーボルトは後退位置でストッパーが掛かります!! これはホップ調整の時便利だ!! 反対側のボルトキャッチを押すと閉じます。

この製品で気に入った点の一つとしてこのグリップがあります。 メチャクチャ握りやすいです!! 付け根がかなりくびれておりしっくりくる握り心地になっています。 これは単体でも欲しいな~

先述の通りリアサイトもTROYタイプになっています。 チャージングハンドルはオーソドックスなものがついていますが、実銃ではRadian Armsのチャーハンが搭載されています。

ストック周辺

ここにスリングループがあります。 昨今では一般的ですね。

ストックはVLTORのIMODの様なタイプのものがついています。 これも実銃ではBCMのGUNFIGHTERストックがついているそうです。 以前のモデルはVLTORが装備されてたんでしょうか? ストックは5ポジションです。

外観レビューは以上です。 結構外装はキレイですし重量もなかなか軽く、それでいて剛性はかなりあるのでゲームで使うのには向いている感じがしました。 しかし、実銃とは各部の仕様が異なる上に刻印も甘いので、リアル志向の方は絶対に買ってはいけない一本です。

↓今は在庫がなくなって入手しづらくなっている様です。 ARROW DYNAMICはE&CからOEM供給を受けているので実質同じメーカーです。

ただ3~4万も出して買うほどのものなのかといわれるとウ~ンという感じですねぇ(;´・ω・) お値段はかなり高いですが、どうせならEMGとかG&Pのが欲しいところです。

それでは!!

ピックアップ記事

  1. 【レビュー】FAB DEFENSE GLR-16 バットストック

関連記事

  1. 電動ガン

    ARES製AM-007タクティカルライフルをSMG風にしてみた

    (追記:実際にサバゲで使用したところこのマガジンアダプターは全くオスス…

  2. 電動ガン

    【分解】Classic Army製 HK53A2(CA53A2) ~内部編~

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!今回はClassic …

  3. 電動ガン

    【B品分解】CYMA製 MP5A4(CM.027-A4)~メカボ編~

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!本日は前回取り出したCYMA…

  4. 電動ガン

    【レビュー】Amazonで売ってた激安M14を買ってしまったwww

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!先日仕事でイライラして…

  5. 電動ガン

    【B品分解】CYMA製 MP5A4(CM.027-A4)~外装編~

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です。今回は前回紹介したCYMA製 …

  6. 電動ガン

    【レビュー】LCT製RPKS-74

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!今回はLCT製の電動ガン、R…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter でフォロー

最近の投稿: おのまとぺの趣味ブロ!!本館

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

こんにちは、おのまとぺ(゚∀。)です!!

【あらすじ・感想】『女の賭場』(大映/1966年)

【あらすじ・感想】『女の賭場』(大映/1966年)

こんにちは、おのまとペ(゜∀。)です!!

【感想】『兵隊やくざ』(大映/1966年)

【感想】『兵隊やくざ』(大映/1966年)

勝新太郎、田村高廣の名コンビが誕生した大ヒット戦争コメディシリーズの第一作『兵隊やくざ』の感想です。

  1. 電動ガン

    【レビュー】SYSTEMA TW5SD6キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
  2. 電動ガン

    【カスタム】CYMA AKS-47(CM.028-S) ~チャンバー・インナーバ…
  3. 電動ガン

    【エアガンレビュー】BOLT MP5のマガジン互換性について
  4. 電動ガン

    【カスタム】CYMA製TACTICAL AKにSuperShooterのギアをブ…
  5. 電動ガン

    【分解】Classic Army製 HK53A2(CA53A2) ~内部編~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。