S&T Springfield M1903 エアコッキング

ジャクソンの狙撃銃!S&T スプリングフィールドM1903 エアコッキング

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回はS&T製のエアコッキングガン『Springfield M1903』のレビューです!! S&Tはリー・エンフィールドやモシン・ナガン、Kar98Kなど古いボルトアクションライフルのラインアップにも力を入れており、そのうちの一つがこの製品です。

このスプリングフィールドM1903というライフルですが、名前だけ聞くとピンと来ないかもしれません。 おそらくプライベートライアンのジャクソン二等兵が狙撃ライフルとして使用していた銃といえばわかりやすいかもしれません。 もともとはM1ガーランドの前の制式ライフルであり狙撃ライフルではありませんでしたが、命中精度が高かったためM1ガーランド採用後も朝鮮戦争、ベトナム戦争などで狙撃ライフルとして運用されました。

それではフロント部分から外装を見ていきたいと思います!! なお、パーツリストにパーツ名が載っていなかったので、実銃のパーツ名を用いて説明しています。

フロントサイトはアウターバレルに固定されていますが、残念ながらこの個体のものは曲がって取り付けられていました(;´Д`) またがたつきもあるのでここはそのうちしっかりと固定したいと思います。 木製ストックの前端部分には金属のカバー(フロントバンド)がはまっており、このバンドの下部には銃剣取り付け用のレイルがあります。 フロントバンドの後方にはスタッキングスイベルバンドがはまっており、こちらの下部には叉銃用のスイベル(スタッキングスイベル)がついています。

さらに後方へ進んでいくと木製部分の太さの変わり目の部分にも金属製のバンド(ミドルスイベルバンド)がついています。 こちらの下部についているスイベルはスリングスイベルです。

反対側にはバンドのズレを抑えるバネが再現されています。

もう少し後方へ行くとHOP調整用のツマミがあります。 一番前にするとHOPが最弱になります。

続いてレシーバー部分です。 前方に『MODEL 03-A3』と刻印されていることから、A3タイプをモデルアップしていることがわかります。

レシーバー後部のリアサイトは横についているスクリューで左右に調整することができます。 またリアサイトを前後にスライドさせることで目標までの距離に応じて高さを変更できます。

ボルトハンドルは先端が大きなボール状になっている太目のもので、上方に跳ね上げてから後ろに引きます。 ちょっと動きがシブめです汗

ボルトの後方にあるつまみは左右に切り替えることでセーフティーとして機能します。 左側にあるときは発射可能、右側にあるときは発射不可となります。

マガジンを挿入する際は矢印で指したツマミを前方に動かしてフタを開けます。

マガジンはこの様な細いプラスチック製のもので、装弾数は25発となっています。

フタを開けると中にスペースがあるのでそこからマガジンを入れて、前方へカチッと音がするまで差し込みます。

マガジンを取り出す際は矢印で指したツマミを推してマガジンを取り外します。

リアサイトの横にあるツマミはマガジンカットオフという名前で、実銃では弾倉からの糾弾を止めて、一発ずつ弾薬を装填して撃つ方式に切り替える機能があります。 弾薬の節約のために追加された機能だそうですが、やはり米軍ということでM16A2の3点バーストと似た思想を感じますね! このエアガンでもこのレバーは可動する様になっていますが、マガジンカットオフではなくボルトを固定する機能になっています。 説明書にはこれがセーフティーであると書いてありますが間違いなのでご注意を!!

トリガーを引くとちょっとヌルリとした不思議な感触です。 大きく湾曲していて、また遊びが大き目なので好みが分かれると思います。

ストックには下部にスリングスイベルが取り付けられています。

バットプレートは金属製でクリーニングキット入れのフタは可動式になっています。

正直使い物になりませんでした汗

初速は88~91m/sほど出ておりパワーはまずまずといったところなのですが、いかんせんHOPがまるでダメみたいで0.25gはおろか0.2gのBB弾ですらHOPがちゃんとかかりませんでした。 相手から10mくらいの距離までほふくで進んでなんとかヒットをとりましたが、それでも放物線を描いて当てなければならない始末だったのでHOPの調整は必須になりそうです汗 以前購入した同社のリー・エンフィールドはなかなかいい弾道を描いていただけに残念な結果でした。

しかし、シリンダーヘッドを交換することでVSR-10のパッキンが使える様になるそうなのでそのうちチャレンジしてみたいと思います!!

それでは!!

ビチャズに新たな選択肢!!Arcturus(アークタウラス)PP-19-01 Vityaz 電動ガンレビュー前のページ

組み立てはロマン!ACE1ARMS MAGPUL バックパッカー次のページ

ピックアップ記事

  1. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!
  2. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを徹底比較

関連記事

  1. CYMA M870L Sports Line

    【分解】CYMA M870L Sports Lineを分解するよ!!

    こんばんは、おのまとぺ(゜∀。)です。今回は軽量かつ安価で安…

  2. エアコッキング

    【レビュー】AGM モスバーグ M500 クルーザー

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!今回は福袋で当たった…

  3. 東京マルイVSR-10プロスナイパーVer.

    友人から預かったVSRリアルウッドカスタム君

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です。訳あって友人のK氏からVSR…

  4. CYMA M870L Sports Line

    【組立】CYMA エアコキショットガン M870の組立方法

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!今回はCYMA製のエ…

  5. CYMA M870L Sports Line

    【レビュー】CYMA M870 ロング固定ストック スポーツライン 開封!!

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です。 本日は中華エアガンメ…

  6. CYMA M870L Sports Line

    【カスタム】CYMA M870 レイル取り付け!!

    どーも、おのまとぺ (゜∀。)です!!夏が近づいてずいぶん蒸してきま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

Twitter でフォロー

最近の投稿: おのまとぺの趣味ブロ!!本館

[感想・解説]帰ってきたウルトラマン 第09話『怪獣島SOS』

[感想・解説]帰ってきたウルトラマン 第09話『怪獣島SOS』

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です。

スカイリムの名曲”The Dragonborn Comes”のステキなバージョン

スカイリムの名曲”The Dragonborn Comes”のステキなバージョン

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

[感想・解説]ウルトラマン 第30話『まぼろしの雪山』

[感想・解説]ウルトラマン 第30話『まぼろしの雪山』

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

  1. 電動ガン

    【レビュー】LCT製RPK-16(LCK-16)
  2. ガスガン

    東京マルイ グロックG34 分解方法②
  3. 電動ガン

    【レビュー】LCT製PP-19-01 VITYAZ(ビチャズ)
  4. 電動ガン

    【B品分解】CYMA製 MP5A4(CM.027-A4)~メカボ編~
  5. 電動ガン

    【最終調整】G&GピンクのM4(GR4)チャンバーの気密取り他
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。