電動ガン

【レビュー】SPECNA ARMS SA-E07-GRY EDGE

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回は新進気鋭のメーカー『SPECNA ARMS』の『SA-E07-GRY EDGE』のレビューです!!

SPECNA ARMSはポーランドのエアソフトガンメーカーです。 安価でありながらもフルメタルで剛性が高く、EDGEシリーズについてはGATE社製のMOSFETが標準装備という充実の内容で、今まさに日本のエアガン市場に殴りこみをかけているメーカーさんです!!

なお読み方ですが、日本ではそのスペルから『スペクナアームズ』と発音されていますが、どうも現地言語やロシア語の動画を見ると『スペツナアームズ』と発音しています。 Google先生によると最後にzをつけて『Specnaz』とすると特殊部隊という意味になるそうで、ロシア語の『Spetsnaz(スペツナズ)』に近い単語なのだと思います。 なのでもしかしたら発音は『スペツナアームズ』が正しいのかもしれませんね。

それでは製品のレビューに入りますよ~!!

こちらは外箱です。 アメリカのROCK RIVER ARMSとライセンス契約をしているので星条旗が描かれていますね~。 ちなみに箱の裏面はカタログの様に各モデルの写真が乗っているのですが、目に毒なので観ない様にしています。 これ以上の軍拡はマズいんじゃ( ゚д゚ )クワッ!!

はい、開けゴマ!! かなりしっかりと梱包されいますね!

セットの内容はこの様になっています。 本体、クリーニングロッドマニュアル、カタログ兼ポスター、交換用スプリング、マガジン×2、MOSFETの説明カード、Tコネ⇒タミヤ変換コネクタ、フォアグリップがセットになっています。 充実しすぎじゃない??

まず、本体のコネクタはTコネクタになっていますが、わざわざ変換コネクタをセットにしてくれています。 さらにM90スプリングがセットになっています。

また非常にありがたいのはマガジンが2本セットになっているところですね~。 マガジンは表面に浅い滑り止めの入った樹脂製のスプリングマガジンです。

続いて本体を見ていきましょう。 今回購入したのは『SA-E07-GRY EDGE』というモデルで、Keymodハンドガードを装備しており、ハンドガードより少し短いバレルの先端にNOVESKEタイプのハイダーが取り付けられています。 カラーは暗めのグレーで、ちょっと近未来感のある雰囲気を纏っています。

全体的に長すぎず短すぎずといったサイズ感です。 CQBでも取り回しに困りませんし、かといって初速が下がりすぎるほど短くもありません。

続いて本体の各部分を見てみましょう(´◉◞౪◟◉)

フロント周り

細身で握りやすい金属製のKeymodハンドガードが装備されています。 またセットにフォアグリップが含まれているにもかかわらず、デフォルトでKeymodレイルまで付けてくれている親切さ!! サイドにはQDスリング用のアタッチメントも付いています。

ハンドガード内にはNOVESKEタイプのフラッシュハイダーが少し埋まった感じで入っています。 また再度には追加のレイルパネルが!! 大盤振る舞いですね~(゚∀゚)

ハイダーを外すとこんな感じになっています。 アウターバレルがちょっと奥で終わっていますね。 インナーバレルはハイダー内まで伸びている様です。

フレーム

フレームももちろん金属製で綺麗に塗装されています。 アッパーとロアの方は全くありません(゚д゚) セレクターもスムーズに動いていい感じです。

レーザーでROCK RIVER ARMSの刻印が入れられています。 イリノイ州コロナというところにあるみたいですね。

反対側には恐らくROCK RIVER ARMSのライセンスを示すホログラムシールとシリアルナンバーの入ったシールが貼られていました。 写真を撮り忘れましたが、チャンバーはデフォルトでドラムタイプのものが装備されています。 グリップは昨今はやりの角度があるものになっていますね。

アイアンサイト

フロントサイト、リアサイトともにレイルに取り付けられた状態で届きました。 樹脂製のフリップアップタイプですね。

各サイト後部にあるスイッチを押すとバネの力で立ち上がります。

ストック

ストックはクレーンタイプのものが装着されています。 またストックパイプの付け根にはスリングポイントが付いています。

ストックのバットプレートを外すとコネクターにアクセスでき、ヌンチャクタイプのバッテリーを収納することができます。 MOSFETがあるのでストックパイプ内にバッテリーを収納するのは難しそうです(´・ω・`) クレーンストックにヌンチャクを収納するにも配線が邪魔で、変換コネクターを使うと中に収めるのがかなり大変です汗

実射性能

実射性能についてですが、セミのレスポンスは非常に良かったです。

計測すると以下の様な結果でした。 使用BB弾は0.2g、バッテリーは7.4V 2000mAhのヌンチャクLiPoバッテリーです。

初速:90m/s前後
サイクル:約14発/秒

初速は結構安定していましたが、やはりサイクルはちょっと物足りないですね。 ギアノイズはバッチリシム調整したものに比べれば少々うるさいですが、海外製の箱出しとは思えないほど静かでした。 これはいいかもしれない!! まだ外で撃っていないので弾道についてはまた追記します。

フルメタル、MOSFET搭載、マガジン2個付きでなおかつこの性能の電動ガンが税抜き2万円台で手に入るとはスバラシイ時代ですね(*´Д`) 色々

それでは!!

【カスタム】東京マルイ グロック17Gen.4のアウターバレルをLAYLAX製に交換!!前のページ

【分解】東京マルイ ハイキャパDORを完全分解してみた<スライド編>次のページ

ピックアップ記事

  1. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを比較
  2. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!

関連記事

  1. 電動ガン

    MP5K民間仕様(SP89)ハンドガード装着!!

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!! 本日はMP5Kの外装パーツ交…

  2. 電動ガン

    【修理】東京マルイ 電動ハンドガンG18C 動きが鈍い!!

    外部バッテリー使用のG18Cが故障先日サバゲ仲間の友人のG18…

  3. 電動ガン

    東京マルイ 電ハンG18C セクターギア交換・軸受ベアリング化

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!本日は以前ギアクラッシ…

  4. 電動ガン

    東京マルイ 電動ハンドガンG18C 逝く・・・

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!東京マルイ 電動ハンドガン…

  5. 電動ガン

    【B品分解】CYMA製 MP5A4(CM.027-A4)~外装編~

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です。今回は前回紹介したCY…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

Twitter でフォロー

最近の投稿: おのまとぺの趣味ブロ!!本館

【感想】『ウインド・リバー』(2017年・米)

【感想】『ウインド・リバー』(2017年・米)

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

【感想】ウルトラマン 第11話『宇宙から来た暴れん坊』

【感想】ウルトラマン 第11話『宇宙から来た暴れん坊』

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

【レビュー】Xファイル シーズン3 第10話『731』

【レビュー】Xファイル シーズン3 第10話『731』

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

  1. 電動ガン

    【分解】G&G RK47 メカボックス編
  2. フィールド

    【フィールドレビュー】yaNex(ヤネックス)さんに行ってきました~
  3. ガスガン

    WA SV インフィニティ リミテッド シルバー
  4. 電動ガン

    【カスタム】DCI Guns製 電動ハンドガンG18C用集光サイト
  5. 電動ガン

    【修理】東京マルイ 電動ハンドガンG18C 動きが鈍い!!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。