電動ガン

ハニーバジャーのトリガーをショートストローク化!!

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

ここ最近ずっといじっているARESのハニーバジャーですが、ようやく初速の改善がひと段落したのでトリガーのショート化をしてみたいと思います( ゚Д゚)

トリガー側の加工

ARES製トリガー(加工済)

まず赤い矢印で指した部分にプラバンを貼りました。 金属相手の接着になるのでエポキシ接着剤などでないとつかないです。 このプラバンでかさ上げをすることで、トリガーのそもそもの位置を後ろに下げることができます。 

↑使用したのはこのプラ板です。 1mmのままだと厚すぎたので現物合わせで徐々に削っていきました。

ただ、この加工をするとセーフティーをかけられなくなります。 本来は赤い矢印で指した銀色のパーツ(以下トリガーロックバーと呼称)が青い矢印の方向にスライドしてトリガーを引けなくするのですが、プラバンでかさ上げした分トリガーが傾いているので横にスライドできません。

そこで矢印の部分に切り欠きを作り、ココにスライドロックバーがはまる様にします。 

この切り欠きの大きさは現物合わせでやる必要があります。 上の写真の様にトリガーにロックバーが引っかかって動かなくなればOKです。

トリガーロックバーの加工

このトリガーロックバーはかなり緩い感じでメカボにはまっているので、かなりガタがあります。 そのため、先ほどの様にトリガーに加工をしてセーフティーをかけても、トリガーが少し動いてしまうことがあります。 電子トリガーの場合はセレクターがセーフティーに入っていたとしても、スイッチが押されてしまえば発砲してしまいますのでこのままでは危険です。

上の写真をよく見るとトリガーロックバーのパーツの下の方に白いプラ板が貼ってあるのが分かるかと思います。 このプラ板でロックバーの厚みを増すことで遊びをなくしています。

この様にトリガーロックバーの付け根のあたりにプラバンをはり、メカボと何度も合わせながら紙やすりなどで削りました。 この加工でガタはかなり減らせます。 根気よく慎重に削っていけばセーフティーの操作が重くなることもありません。

スイッチの加工

あとは最後にスイッチを押す金属板の加工を行いました。 上の画像でちょうどトリガーと触れている銀色の板が若干曲げてあります。 これで少しトリガーを引けばすぐスイッチを押せる様になっています。

結果トリガーフィーリングは結構向上したと思います。 しかし、トリガーの位置をカサ上げしてしまったせいでセーフティーの信頼性が低下し、ストロークをあまり短くできなかった感じもあります。 今後やるとしたらプラ板でのカサ上げはせずにスイッチ側の板を曲げるだけにした方が、セーフティーをそのまま生かせるので楽かもしれません。

それでは!!

↓金属との接着などに便利

ピックアップ記事

  1. 【レビュー】FAB DEFENSE GLR-16 バットストック

関連記事

  1. 電動ガン

    【レビュー】LCT製RPKS-74

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!今回はLCT製の電動ガン、R…

  2. 電動ガン

    【エアガンレビュー】D-BOYS製SLR-106UR

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!いや~、九月だってのに…

  3. 電動ガン

    【エアガンレビュー】JG製AK-47βショーティー 開封!!

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!またしても辛抱たまら…

  4. 電動ガン

    【レビュー】SYSTEMA TW5SD6キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    こんにちは!!!!おのまとぺ(゚∀。)です!!!!ついに!!トレポ…

  5. 電動ガン

    【分解】東京マルイ 電動ハンドガンG18C② メカボ分解

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!…

  6. 電動ガン

    無骨なAKに一味!!LCT製ベークライト風グリップ

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!まずはコチラのAK74…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter でフォロー

最近の投稿: おのまとぺの趣味ブロ!!本館

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

こんにちは、おのまとぺ(゚∀。)です!!

【あらすじ・感想】『女の賭場』(大映/1966年)

【あらすじ・感想】『女の賭場』(大映/1966年)

こんにちは、おのまとペ(゜∀。)です!!

【感想】『兵隊やくざ』(大映/1966年)

【感想】『兵隊やくざ』(大映/1966年)

勝新太郎、田村高廣の名コンビが誕生した大ヒット戦争コメディシリーズの第一作『兵隊やくざ』の感想です。

  1. 電動ガン

    3点バースト楽しすぎ!! ARESバーストコントローラーを買ってみた!!
  2. 電動ガン

    【レビュー】SYSTEMA PTW TW5A4
  3. 電動ガン

    【カスタム】CYMA AK-74N(CM.048)のメカボ調整①
  4. CLASSIC ARMY HK53A2

    【組み立て】Classic Army製 HK53A2(CA53A2) ~メカボ編…
  5. 電動ガン

    【レビュー】E&L製 AKS-74UN タクティカル MOD C ZE…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。