電動ガン

【レビュー】CYMA M16A1 ETU フルメタル(CM.009B)

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回は電子トリガー搭載で今品切れ続出の新シリーズからCYMA製M16A1 ETUをレビューします!!

外箱がキレイ!!

CYMAにしては信じられない程キレイな外箱です。

普段のCYMAの外箱

CYMAの他の銃の時なんてこんなのですからね!! ETUの特別扱い感がスゴイってもんです。

気合の入ったパッケージ

側面には本体写真なんか載ってたりして手が込んでます。 どうしちゃったの? モデル名はCM.009Bっていうんですねぇ。

弾痕?

こんなに良くできたパッケージなのになぜか裏側に弾痕らしきものが・・・? どう見てもBB弾で撃ってるよなこれ。 でも段ボールも抜けない様な威力のものだったのか凹んでいるだけですね。

ご開帳~

気を取り直してOPEN THE BOX(゚∀゚) 第一印象は『黒い』 マルイのグレーのフレームを見慣れた私にとってはインパクトのある漆黒です。

本体

本体を取り出してみます。 むむっ、これカッコいいんじゃないか??

本体反対側

ひょっとしてやっぱりこれかっこいいんでねぇかい?? なんか久々に心がときめきました(1か月ぶり1500回目)

付属の30連マガジン

付属は30連マガジンです。 A1なので30連でもいいんですが、ワシはいやじゃ。

ショートマグを差してみる

あ~、やっぱりこのフォルムが好きです(゚∀゚) 20連バンザイ!!

さて、ひとしきり眺めたのでここからはより細かいところをば・・・。

ハイダーはバードケージタイプで全周に穴が空いているタイプです。 六角ネジで固定されています。

なお、初期のM16では3つ又タイプのハイダーが採用されていましたが、草木が引っかかると評判が悪かったため、A1からこのバードケージタイプに変更になっています。 このバードケージタイプハイダーも後々地面の砂ぼこりを巻き上げない様、穴が上半分にのみあるタイプに変更されますが、それはまた別のお話・・・。

フロントサイトはちょっと丸みを帯びた感じがします。 着剣ラグを見るとエッジが立っていないのがわかりやすいかと思います。

ハンドガードはM16A1まで採用されていた特徴的なおにぎり型。 結構握りやすいです。 かなり固いですが左右に分割できます。

なおハンドガード上面と下面にクーリングホールがあります。

クーリングホール(上面)

上面のクーリングホールからはガスチューブが見えます。 結構ガスチューブの仕上げがきれいなのでキラキラ光って見えます。

クーリングホール(下面)

ちなみにこの三角形ハンドガードはA2から断面が円形のものに変更されます。 というのも三角形ハンドガードは左右分割になっているため左パーツと右パーツをそれぞれ別物として製造しなければなりません。 一方円形ハンドガードの場合は上下ひっくり返せば同じぱーつを二つ使うだけで済むので、製造のコストが削減できるという寸法です。 というわけでこの三角形ハンドガードは滅びてしまったんですなぁ。

初期型のデルタリングを再現

今回CYMAの頑張りを感じた部分の一つがこのデルタリングです。 A2から角度がついたものに変更になっていますが、本製品は寸胴型の初期のものを再現しています。

フレーム

A1のフレームを再現しています。 今日日の若者には固定のキャリハンなんて逆に新鮮でしょうね(オッサン感) ダストカバーはチャージングハンドルを引くと開きます。

後退位置でストップ!!

CYMAの頑張りを感じたポイントその②。 チャージングハンドルを大きく引くとダミーボルトが下がり後退位置で保持されます!! ホップ調整がしやすい!! 裏面のボルトキャッチを押すとリリースされます。

フレーム反対側

反対側です。 刻印は意外ときれいですね。 先述の通りボルトキャッチもライブというのが熱いです。 また、今回MADE IN CHINAが刻印ではなくシールになっています。 何故か2か所も貼ってありますが、うれしい配慮です。

サイトピクチャ

フロントサイトはピンぼけて見せませんが、いわゆるM16のサイトです。 個人的に狙いやすくて好きなサイトです。 しかし、成型が甘く右上が削れてしまっているのが気になるところ・・・。

握りやすいグリップ

グリップはチェッカリングが入っていて、また付け根が細くなっているので大変握りやすいです。

バットプレートにはふたがついており、これを開けるとストック内のバッテリースペースへアクセスできます。 コードは銀メッキコードの様です。 コネクタはタミヤのミニS。 バッテリーをつなぐと効果音みたいなのがなり若干ビックリします(゚д゚)! なお、説明書によるとバッテリー接続の際はセレクターをAUTOに入れるそうです。 なんでだろ?

初速とサイクルをテストしました。 使用したバッテリーは7.4v LiPo 2000mAhのミニタイプ、BB弾はマルイバイオ弾0.2g、室温は19℃でした。

計測結果

  1. 95.47
  2. 95.79
  3. 94.36
  4. 95.55
  5. 95.47
  6. 95.23
  7. 94.96
  8. 95.31
  9. 95.55
  10. 94.87

平均初速 ⇒ 95.256m/s

結構速い!!

なお、サイクルは13.4発/秒でした。 こちらはそこそこですね。

トリガーは電子トリガーだけあって連射はしやすいです。 しかし、トリガーの遊びが大きく、どこで発射されるかわかりにくいのがちょっと難点ですね。 ここら辺はARESのAMOEBAでやったトリガーの詰めと同じ方法で改善できるんじゃないかと思います。

外観の不満は色々あるとおもいますが、この価格帯で電子トリガー付きでここまで再現しているのは向かうところ敵なしといってもいい出来ではないでしょうか? 最近のレイルゴテゴテM4もかっこいいですが、今も忘れがたきレトロM16の血がここにまだ生きているだけでも感涙ものです。

また同じCYMAのETUシリーズでM16ファミリーが他にも出ていますが、M653やXMはハンドガードがデブですし、M16VNはボルトフォワードアシスト付きのE1タイプなので魅力半減(個人比)なのでA1は一番安全な選択肢だと思います。

しかし、今年入ってから長物がこれで二丁増えてしまいました汗 でも例年より低ペースだから問題ない(暴論) まだまだ買いますよ~

それでは!!

ピックアップ記事

  1. 【レビュー】FAB DEFENSE GLR-16 バットストック

関連記事

  1. 電動ガン

    謎の低価格ダットサイト VERY100オープンダットサイト

    こんにちは、おのまとぺ(゚∀。)です!!先…

  2. 電動ガン

    【エアガンレビュー】D-BOYS製SLR-106UR

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!いや~、九月だってのに…

  3. 電動ガン

    【レビュー】E&L製 AKS-74UN タクティカル MOD C ZENITカスタム

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!今回は中華エアガンメ…

  4. 電動ガン

    【マイガン紹介】東京マルイ製次世代電動ガンAK-47

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!今回は東京マルイ製次世…

  5. 電動ガン

    ハニーバジャーの初速改善③ ~ 内部調整

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!まだまだ終わりそうに…

  6. 電動ガン

    【カスタム】G&G RK47 メカボ組み立て①

    G&G RK47 IMITATION WOODこんにちは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter でフォロー

最近の投稿: おのまとぺの趣味ブロ!!本館

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

こんにちは、おのまとぺ(゚∀。)です!!

【あらすじ・感想】『女の賭場』(大映/1966年)

【あらすじ・感想】『女の賭場』(大映/1966年)

こんにちは、おのまとペ(゜∀。)です!!

【感想】『兵隊やくざ』(大映/1966年)

【感想】『兵隊やくざ』(大映/1966年)

勝新太郎、田村高廣の名コンビが誕生した大ヒット戦争コメディシリーズの第一作『兵隊やくざ』の感想です。

  1. BOLT MP5J B.R.S.S.

    【エアガンレビュー】BOLT製MP5J B.R.S.S. その①
  2. エアコッキング

    【エアガンレビュー】SNOW WOLF M24
  3. 電動ガン

    【カスタム】CYMA AK-74Nの木製パーツをワトコオイルで塗ってみた!!
  4. 電動ガン

    【修理】東京マルイ 電動ハンドガンG18C 軸受・配線交換
  5. 電動ガン

    ハニーバジャーの初速改善① ~ 低初速の原因探し
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。