ガスガン

【カスタム】東京マルイG34にサプレッサーを付けてみた!!


このブログはブログランキングに参加しています!!
ポチっと応援をよろしくお願いします!!

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回は東京マルイ製のガスブローバックガン『グロック34』にサプレッサーを取り付けられるよう、アウターバレルを交換していきたいと思います。(もし組み込み方法が文章ではわからない場合は動画でも解説しておりますのでYouTubeに上げている動画をご覧ください)

使用するのは毎度おなじみDCI Gunsさんのアウターバレルです。 いつもと同じくショートリコイルがオミットされているので、マズルにサプレッサーやトレーサーを取り付けて重量がかかっても動作を阻害しません! しかも取り付けが簡単なので毎回助かってますε-(´∀`*)ホッ

G34のアウターバレルは長らくカスタムパーツが存在しなかったのですが、先日同じくDCI Gunsさんのアウターバレルが待望されていたG26用の物と一緒に発売されました!! ありがとう、DCI Gunsさん!!。・゚・(ノД`)・゚・。

さてセット内容ですが、こちらはいたってシンプルでアウターバレル本体と固定用ネジのみです。 ただネジは結構細いのですっ飛ばして失くさない様にご注意ください。

組込みのためにはまずテイクダウンをして、アウターバレルからチャンバーとインナーバレルを引き抜きます。(やり方が分からない方は冒頭で紹介した動画をごらんください)

チャンバーにはネジが二つ付いていますが、矢印で指した方のネジのみ取り外します。

インナーバレルがガタついていたのでアウターバレルとの隙間を詰める為アルミテープをインナーバレルに一周巻いてみました。

チャンバー+インナーバレルをアウターバレルに挿入していきます。

先ほどネジを抜いたネジ穴に付属の専用ネジを取り付けます。 あとはテイクダウンの逆手順で組み立てるだけです!!

組み立て後にスライドを引いてみるとアウターバレルの向きがまっすぐのままになっているのがお分かりいただけるかと思います。 この部分の動きがなくなることでサプレッサーやトレーサーの重みの負担が動作に影響しなくなるわけですね~

ご覧のとおり取り付けは簡単で、バレルの色を変えることもできますし、サプレッサーなども取り付けられる様になりますのでG34をお持ちの方はぜひチェックしてみてくださいね!!

それでは!!

GLOCK34の関連記事


このブログはブログランキングに参加しています!!
ポチっと応援をよろしくお願いします!!

【広告】
【広告】

ピックアップ記事

  1. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!
  2. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを徹底比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. 電動ガン

    友人のMASADAを修理するぞ~!!①
  2. ガスガン

    【レビュー】ARMORER WORKS Hi-Capa5.1 レースガン ガスブ…
  3. 電動ガン

    【分解】Classic Army製 HK53A2(CA53A2) ~内部編~
  4. ガンケース

    【レビュー】HELIKON-TEX ダブルピストルウォレット
  5. 電動ガン

    【分解】DOUBLE BELL RK-AIMSのメカボ取り出すゾ~
PAGE TOP