ガスガン

【完全分解】東京マルイ G17 3rd Gen.≪後編≫

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回は東京マルイ製ガスブローバックGlock17の完全分解方法の後編でございます(´◉◞౪◟◉) 前編ではスライドの分解まで行いました。 後編ではフレーム側の分解を行っていきます。

前回の記事

フレーム側はスライド側と比べていささか複雑です!! またスプリング類も結構あるので失くさないように、また失くしたときに見つけやすい様に回りを片づけておくことをオススメします!!

それではフレームの分解をしていきます。

フロントシャーシの取り外し

銀色の板バネを抑えながらテイクダウンレバーを横から引き抜きます。 最初結構固いの上下にグイグイと動かしながら抜くといいですよ!!

フレームとシャーシを留めているプラスネジを外します。

矢印で指したトリガーピンをピンポンチで打ち抜きます。 トリガーピンには抜け防止の溝が付けられており、間違った方向から抜くと穴を広げてしまう可能性があります。 自分の個体は写真手前側から打ち抜きました。 初回の分解の際は少しずつ抜いて溝が入っている側がどちらなのかを調べてみてください。

リアシャーシの分解

まず矢印で指したピンを打ち抜きます。

続いてこのプラスネジを外します。

ネジを抜いたらリアシャーシとフロントシャーをまとめてフレームから引き抜きます。 引き抜くときは矢印で指したパーツがバネと一緒にすっとんでしまうことがあります。 ウェスなどをかけてパーツの紛失防止をしてから引き抜くとよいかと思います(゚∀゚)

シャーシの分解

フロントシャーシのピンを一本打ち抜きます。

フロントシャーシからピンと板バネを外します。

矢印で指したバネとバネに押されているパーツを取り外します。 これが先ほどシャーシを抜くときに飛びやすいと言っていたパーツです。

2本のピンを打ち抜きます。 バネでテンションが掛かっているものもあるので、これもウェスなどをかけてやった方がいいかもしれません。

ピンを抜くと中のパーツ類を取り出せます。 ここは普段お手入れが難しいところなので結構汚れてますねぇ。

トリガーの分解

ピンを日本打ち抜きます。 細いピンなので作業には気を付けてくださいね!!

このように分解できます。 トリガーセーフティーの弾力はこんなシンプルな形で生み出されてたんですねぇ・・・。

シャーシ・トリガー周りの分解はこんな感じですね~。

マガジンキャッチの分解

矢印で指したところにあるバネをラジオペンチなどでつかみます。

スプリングをトリガー寄りに外します。

横からマガジンキャッチを引き抜きます。

完全分解の解説は以上ですね!! このグロックはサバゲを始めた頃に買って何年もサブアームとして使っていたので中の摺動部が削れたり、外の土やほこりが入ってかなり汚れていました。 すべて洗浄して再グリスアップしたところ非常になめらかな動作に戻りました。 普段はフィールドストリッピングでのお手入れぐらいで良いかと思うのですが、何年か経ったら一度オーバーホールをしてみた方がいいかもしれません。

しかし、写真を撮ったのがしばらく前なのでアングルとか写り込んでる工具とかが気に入らない笑

それでは!!

【広告】
【広告】

ピックアップ記事

  1. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを徹底比較
  2. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. ガスガン

    東京マルイ製G26でG19マガジン用アダプターを使用してみた
  2. 電動ガン

    短いSCAR!!東京マルイ SCAR-L PDWカスタム ゲット!!
  3. 光学機器・マウント

    Trijicon MRO HDとMRO Patrolを比較してみた
  4. 電動ガン

    使いやすさ大幅UP!! 次世代クリンコフにM4ストックを装着!!
  5. 光学機器・マウント

    【レビュー】VECTOR OPTICS FRENZY2
PAGE TOP