電動ガン

欧州発の電動ガン!!Evolution Recon Breacher PDW 6″M-LOK ETS3 外装レビュー

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回は欧州はイタリア産の電動ガン『Evolution Recon Breacher PDW 6″M-LOK ETS3』の外装レビューです!!

外箱は黒と白を基調としたシンプルなものですが、オレンジ色の幾何学模様の様なロゴがワンポイントになっていてシャレオツな感じになっています。

内容物は、本体、マガジン、交換用のハイダー、マニュアル×2です。 マニュアルは色々な国の言語で書かれています。 この様に輸出前提で考えられているあたり、日本メーカーとの違いを感じます。

本体は6インチハンドガードとPDWストックのおかげで非常にコンパクトにまとまっています。

ただ、全体が金属製でPDWストックも重量がある為すごくズッシリしています。 バランスは普通のM4が前寄りに感じるところ、グリップあたりに重心がある様な感覚でした。

フロントまわり

ハイダーはオレンジ色のプラスチックのものが付けられていました。 国によっては法律でトイガンのハイダーをオレンジにしなければならないところもあるのでそのためでしょうね。 オレンジハイダーの存在は以前から知っていましたが、実際についてきたのは初めてです。

ハンドガードは6インチです。 M-LOKのスロットが一面につき2つずつ、左右と下面についています。 上部は20mmレイルになっており、フリップアップ式のアイアンサイトが取り付けられています。

フレームまわり

フレームの刻印類はメーカーロゴとモデル名、口径(6mm表記)、シリアルナンバーとなっています。 あとはセレクターの刻印くらいですね。

反対側はメーカー名とセレクターの刻印くらいですね。 フレームの形状も特筆すべき点はないですね。 エジェクションポートのダストカバーが灰色ということくらいでしょうか。

チャンバーはド派手なオレンジ色。 ドラム式になっているのでHOPは安定しそうですね。 なお、ダミーボルトを後退させておく機能はありません。

グリップは昨今流行りの角度が立っているもの。 短いモデルの場合は特に握りやすくなる感じがします(゚∀゚)  ちょっとHK416A5のグリップに似てますね。

ストック

ストックはPDWっぽい伸縮式のワイヤーストックになっています。 かなり堅牢そうな造りです。

ストックは3か所で固定が可能になっています。 一番伸ばした状態でもあまり長く感じない長さです。

ストック基部には2つのボタンがあり、どちらを押してもストックの伸縮が可能です。 ただし、赤い矢印の方に関しては押し込んだままストックを引くと、そのままストック本体を引き抜くことが可能です。

ストックを引き抜いて、中央のバッファチューブを回して外すとバッテリースペースにアクセスできます。 しかし、スペースがタイトすぎて手持ちのバッテリーはどれも収納できませんでした汗 なお、コネクターはタミヤのミニタイプです。

アイアンサイト

アイアンサイトはフロント、リアともにフリップアップのものが標準で取り付けられています。

両方を立ち上げるとこの様な感じになります。

サイトのタイプはいわゆるピープサイトと呼ばれるもので、リアサイトが円になっているものですね。

このリアサイトは大きい円と小さい円の切り替えが可能です。 エアガンで使用する距離なら見やすい大きい円の方で十分だと思いますね~

ハイダー

先述の通りハイダーは海外仕様のオレンジ色のものが取り付けられていますが、これを取り外すと14㎜逆ねじが出てきます。

クッキーカッター風のハイダーがセットに入っているので取り付けてみます。 大分雰囲気がかわりますね~

おそらくあのオレンジハイダーを取り付けることは今後ないと思います笑

以上外装レビューでした。 塗装はキレイですし、組み立てもちゃんとしていると思います。 ハンドガードの上部レイルとフレームの上部レイルの幅がちょっと違ったりしますが、そこはご愛敬ということで・・・。

あとなんかLANCERとかSPECNAと似てる感じがするんですが、そこは西欧というくくりで見ればいいのかそれとも製造元が一緒なのかちょっと気になるところです。

そのうちまたサバゲで使ってみて、使用感のレビューやレビュー動画のアップもしていきたいと思います!! それでは!!

PPKとPPK/Sって何がちがうの?映画のあの銃について解説前のページ

東京マルイGLOCK26完全分解方法~スライド編~次のページ

ピックアップ記事

  1. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!
  2. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを徹底比較

関連記事

  1. SPECNA ARMS SA-E07-GRY

    SPECANA ARMS SA-E07 EDGE 内部パーツレビュー

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!今回は以前ご紹介した…

  2. 電動ガン

    【カスタム】CYMA AK-74N T型コネクター化

    こんにちは 、おのまとぺ(゜∀。)です。先日CYMA製AK-7…

  3. 電動ガン

    【分解】CYMA AKS-47(CM.028-S) ~外装編~

    CYMA製電動ガン『CYMA AKS-47(CM.028-S)』の外装…

  4. 電動ガン

    【組み立て】G&GのピンクM4 (GR4)

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!先日から調整を続けて…

コメント

    • エポ
    • 2021年 8月 31日

    こんにちは

    いつも楽しく読ませてもらってます!

    拝見させて頂いた限り、外装パーツはS&Tの電トリ系、specna armsと同じ製造元ですね。付属品と中身の仕様が少しずつ異なるのみなんでしょうね。

    しかしながら、specna armsなんかはマルイ以上の射撃性能ですし、本製品も期待できそうです。

    今後も沢山購入してレビューしてください。
    陰ながら応援しています!

      • onomatopee55
      • 2021年 9月 06日

      エポさん

      返事が遅くなってすみません!

      確かにS&TやSpecnaに似ています!Lancerも近い気がします。恐らくOEM何なんでしょうね!
      ただトリガーのクリック感がちょっと違うのでご指摘のとおり中身はそれぞれ違うものが使われてそうです。
      とくにEvolutionはプリコックなどもできるのでだいぶ異なりますね~

      今後ともぜひよろしくお願いします!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

Twitter でフォロー

最近の投稿: おのまとぺの趣味ブロ!!本館

[感想・解説]帰ってきたウルトラマン 第09話『怪獣島SOS』

[感想・解説]帰ってきたウルトラマン 第09話『怪獣島SOS』

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です。

スカイリムの名曲”The Dragonborn Comes”のステキなバージョン

スカイリムの名曲”The Dragonborn Comes”のステキなバージョン

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

[感想・解説]ウルトラマン 第30話『まぼろしの雪山』

[感想・解説]ウルトラマン 第30話『まぼろしの雪山』

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

  1. ガスガン

    【レビュー】東京マルイ U.S.M9
  2. ガスガン

    東京マルイGLOCK26にダットサイトを直載せしてみた!!
  3. 東京マルイVSR-10プロスナイパーVer.

    【ちょいカスタム】VSR10超ショートのフレーム交換~
  4. 電動ガン

    【UMP復活計画④】13:1ギアをセクターカットして組込み&スプリング交換
  5. ガスガン

    【レビュー】ARMORER WORKS Hi-Capa5.1 レースガン ガスブ…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。