CLASSIC ARMY HK53A2

【組み立て】Classic Army製 HK53A2(CA53A2) ~メカボ編

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

先日分解していたCA製HK53A2ですが、ナメてしまったネジ穴も復活したので組み立てていきたいと思います(゚∀゚)

ナメてんのかネジ穴 プラリペアで修復

まずは組み立ての前に下ごしらえをしていきます。

メカボ研磨

清掃後のメカボ

HK53A2のメカボは表面がザラザラしており、摩擦抵抗が高そうです。 なので摺動部のみ紙やすりで研磨しようかと思います。

研磨後

タペットとピストンの動くところだけ研磨しました。 本当はカットオフレバーのところも研磨するとセミオートの調子が上がるらしいのですが、めんどくさがりな私はやりませんでした笑 軸受のベアリングはしっかりと圧入されていたのでそのままにしています。

シム調整

シム調整・・・

なんだかんだでシム調整を致しました。 相変わらずへたくそですが、何か徐々にうまくなってきている実感があります。 こういうのがあるからやめられないんだなぁ。

タミヤとヨコモのシム

使用したシムはコチラ。 0.1、0.2、0.3はタミヤから出ているのですが、0.5はなかったのでそこだけヨコモ製のシムを使用しました。

テスト

シムを足したり減らしたりしちゃあ、テストドライブ。 上の状態まで組んでメカボを閉じて実際に回してみます。

テストドライブにはセレクタープレートが必要

あんまりver.2になじみが無かったので知らなかったんですが、グリップとモーターをセットしてテストドライブをする際にセレクタープレートを取り付けておく必要があります。

接点

というのも上の写真の二つの端子がセレクタープレートによってつながる様になっているためで、ここが離れていると通電せずウンともスンともいいません。 またセレクタープレートの位置がずれていてもうまくいかないのでご注意を。

ネジを交換

シム調整で開け閉めをするうちデフォルトの中華ネジが怪しい感じになってきたので、国産ステンレスネジに交換しました。 写真はタップでネジを切りなおしているところです。

シムの枚数は少ない方がいい?

ネットでシム調整のコツを検索していたら、『シムの枚数は極力少ない方がいい』という記述を何回か見かけました。 これって本当ですか? 理由まで説明してあるものが無かったので、いまいち理解できていません。 理屈としては『枚数が多い⇒必然的に薄いシムが多くなる⇒摩耗が早くなる』ということでしょうか? だとすると上の写真の様に0.6の厚みを出す場合、0.1と0.5ではだめということでしょうか。 よくわからーん(;´・ω・)

さっきシム調整のところで一部組み立ててしまいましたが、もう一度最初から。

セレクタープレートとカットオフレバー

カットオフを交換

まずはカットオフレバーを取り付け。 純正のカットオフレバーがイマイチだったので、ACE1ARMSだったかどこかのものに交換しました。 取り付けはネジで留めるだけ。

セレクタープレート

セレクタープレートとカットオフの間にスプリングをはめます。

実際に動くかテスト

バネをはめた後、ちゃんと動くかテストします。

スイッチと配線、トリガー

スイッチの取り付け

スイッチを取り付けてスプリングをかけ、ネジをしめます。

配線

配線はこんな感じにセット。 上の写真では六角レンチでぐいぐい押し込んでいます。

イライラするトリガー

トリガーを取り付けました。 こいつがはじけて台無しになることもしばしば。

つけ忘れてた・・・

そしてつけ忘れてたこのトリガー横の部品を取り付け。 本当はトリガーより先に取り付けた方がいいと思います。

干渉している部分を削る

このパーツを取り付けたところスイッチから伸びる配線に干渉していたので、赤い矢印の部分を削りました。

ギア

まずはスパー

まずはスパーギアをセット。

セクター

次にセクターギア。

逆転防止ラッチ

そして逆転防止ラッチ

最後にベベル

最後にベベルギアを取り付けてギアの取り付けは終わりです。

吸排気系

気密とり

いつも通りシールテープでシリンダーとシリンダーヘッドの間の気密を取ります。

セクターギアの位置

あと吸排気系組み込み時のセクターギアの位置ですが、上の写真の当たりにしておくとやりやすかったです。 突起がタペットに引っかからず、セクターギアとピストンが干渉しない位置です。

なお、吸排気系の組み立ては手がグリスだらけになって写真が取れませんでした汗 なのでここまでですorz

次は外装を組み立てて試射までいきますよ~

それでは!!

 

ピックアップ記事

  1. 【レビュー】FAB DEFENSE GLR-16 バットストック

関連記事

  1. 電動ガン

    【分解】Classic Army製 HK53A2(CA53A2) ~内部編~

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!今回はClassic …

  2. 電動ガン

    【分解】Classic Army製 HK53A2(CA53A2) ~外装編~

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!数年前に購入し…

  3. 電動ガン

    【組み立て】Classic Army製 HK53A2(CA53A2) ~チャンバー・外装編

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!前回メカボを組んだので…

  4. 電動ガン

    【エアガンレビュー】Classic Army製 HK53A2(CA53A2)

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!本日はクラシッ…

  5. 電動ガン

    ナメてんのかネジ穴 プラリペアで修復

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!先日CLASSIC A…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter でフォロー

最近の投稿: おのまとぺの趣味ブロ!!本館

【映画】『トラック野郎・御意見無用』(東映・1975年) – あらすじ・感想

【映画】『トラック野郎・御意見無用』(東映・1975年) – あらすじ・感想

こんにちは!!おのまとぺ(゜∀。)です!

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

こんにちは、おのまとぺ(゚∀。)です!!

【映画】『悪名』(大映・1961年) – あらすじ・感想

【映画】『悪名』(大映・1961年) – あらすじ・感想

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!

  1. 電動ガン

    【分解】東京マルイ 電動ハンドガンG18C① メカボ取り出し
  2. フィールド

    【サバゲーフィールド】yaNex(ヤネックス)さんに行ってきました~
  3. 電動ガン

    LCT製AK-74MNモダナイズ計画① TWI製ZENIT RK-3タイプグリッ…
  4. 電動ガン

    【電動ガン】オススメの配線はコレだ!!
  5. 電動ガン

    【紹介】東京マルイ製次世代AKS74Uの分解に必要な道具
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。