ガスガン

東京マルイ グロックG34 分解方法②

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回は東京マルイ製ガスブローバック グロックG34の分解その②です。 今回はリアシャーシの分解からです!!

こちらがフレームから取り外したリアシャーシです。 ハンマースプリングのテンションが掛かっていると分解しにくいので、ハンマーを落としてテンションを開放しておきます。

(あとで気づいたんですが、上の写真のピンの向きが一か所おかしいですね。 撮影用に簡単に組み立てたので誤ってしまった様です汗 これ以降の写真では直っておりますのであしからず・・・。) 

ポンチで指したパーツを右方向に押すとハンマーが落ちます。 指を挟まない様に気を付けてくださいね。

ハンマーを落としたのち赤い矢印で指したピンを抜きます。 どちら側からでも抜けます。

ピンを抜くとバネが一つとシアが外れます。

矢印で示したピンを抜きます。 このピンは片側からしか抜けません。

ピンを外すとノッカー、ハンマースプリング、ハンマー+ハンマーローラーが外れます。

少々見づらいですが、矢印で指したところにあるバネをラジオペンチなどで溝から外します。

バネを外すと上の写真の様になります。

マガジンキャッチを矢印の方向に押し出すと取り外せます。

今回分解して初めて知ったんですが、G34のマガジンキャッチはG17のものから改良されていました。 上の写真、上がG17 のもの、下がG34のものです。 マガジンの窪みにかかる部分に金属パーツが配置され、削れにくい様に補強されていました。 G17は随分と古いモデルでありながら当時から高い完成度を誇っていましたが、ここにきてさらに改良を施していく東京マルイさんの姿勢はスバラシイですね!! これぞ日本の古き良きモノづくりだとおもいます(゚∀゚)

それでは!!

ピックアップ記事

  1. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを徹底比較
  2. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. 電動ガン

    使いやすさ大幅UP!! 次世代クリンコフにM4ストックを装着!!
  2. ガスガン

    【レビュー】東京マルイ BODYGUARD380
  3. エアコッキング

    【修理】A&K製 M870ミドル タクティカルエアコッキングショットガ…
  4. 電動ガン

    【カスタム】次世代クリンコフをちょっくらドレスアップ
  5. 電動ガン

    【レビュー】CYMA M16A1 ETU フルメタル(CM.009B)
PAGE TOP