電動ガン

【カスタム】CYMA製 MP5A4のメカボ固定ネジをM4サイズに変更!!

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

前回、発射不能だったB品のMP5A4を分解したところ、タペットが折れていたため交換して組み立てました。

しかし、ギアノイズがひどかったため再度分解を行ってみたところ・・・

メカボのネジがナメやがった!!(#^ω^)ピキピキ

ver.2 がっかりメカボックス

最初の分解でメカボのネジを外す時、妙に緩かったり、かと思ったら変な引っかかりがあったりして『やだな~、こわいな~』って思ってたんですよ。

そしたら忘れもしないメカボの組立のときに、ドライバーにほとんど力も入れないでネジを締めたのに、最後の最後で

グリンッ!!

とドライバーが一周回ってこっちを向いたんですよ!!(意味不明) そのあとネジがフニャフニャしたと思ったらポトリ・・・と机に落ちて動くなかなくなってしまったんです・・・。

そんな真夏のミステリー・・・。 恐るべし中華メカボ。

しかし、気づいたら3年も放置してた!! こっちの方がミステリーだわ!! でようやく買いました!!

ドリルとドリルスタンド

HiKOKI(旧・日立工機)製のドリルとドリルスタンドです!!

HiKOKI製電気ドリル FD10VST

ドリルは↑のFD10VSTというモデルです。 価格が安くまた日立の製品なので品質も安心です。 しかし、任意の回転数でトリガーを固定することができないのはちょっとネックですね。 この機能が欲しい場合は上位機種のD10VH2を買うといい様です。

イシハシ精工 エクストラ正宗ドリル 3.3mm (金属・金工)

下穴あけ用のドリル刃です。 ドリル刃によっては金属加工に適さないものもあるのでご注意を。

HiKOKI製ドリルスタンド

ドリルスタンドはドリルと同じHiKOKI製のものです。 こちらはシンプルかつ堅牢な造りで、初見でも操作方法が簡単にわかりました。 ドリルとの相性も当然バッチリです。

AMYAMY 2.5″ 小型 鋳鉄 バイス 卓上万力 ボール盤バイス

穴をあける対象物を固定する万力です。 これがないと穴あけはなかなか難しいと思われます。 似たような製品はたくさんあるので、レビューを見て選んだらよろしいかと思います。

ホーザン タップ M4

ホーザン製のM4ネジ用タップセットです。 先・中・上げの三本セット。 ※別途ホルダーが必要になります。

それでは役者もそろったところで実際にねじ穴をM3からM4に広げる作業に移っていきたいと思います。

どのような工程になるかというと・・・、

  1. 現在のネジ穴をドリルで拡大し、下穴をあける。
  2. タップでめねじを切る。

という実に簡単な作業です。 でも未経験の自分にはなかなか緊張モノでした汗

下穴の拡大

 では、まず下穴あけからいきます。 下穴というのはまだネジを切っていない、ネジ穴のもとになる穴のことです。

ドリルには3.3mm径のものをセット

今回使うM4ネジ(ピッチは0.7)の下穴サイズは3.3mmですので、そのサイズのドリルを取り付けます。

メカボックスの固定

メカボックスをクランプで挟んだ上で、万力にこていしました。 ネジ穴の角度がメカボの上部に対して垂直ではなかったので写真の様に傾けて固定しています。

ドリル刃との角度の確認

次はドリル刃とネジ穴の角度の確認ですが、ちょうど手ごろな細い木の棒があったのでそれをネジ穴に突っ込んで角度を調整しました。 この木の棒とドリル刃の角度が一致していればOKです。

穴あけ完了

あとはドリルの位置をドリルスタンドで調整して穴をあけるだけです。 上の写真は下穴開けが終わった状態です。 ほんの少し穴が広がっています。

ドリルオイル

穴をあける際はドリル刃にドリルオイルをつけておくことをお勧めします。 オイルが潤滑と冷却の役割を果たすことによって、ドリル刃の寿命が長持ちします。

下穴をあけ終わりましたので次はネジを切っていきます。

M4 タップ

今回はホーザン製のタップを使用しました。

左から先、中、上げ

先、中、上げの順番で使っていきます。 上の写真を見るとお分かりいただけると思うのですが、先と中は先端の歯がつぶれています。 このためこの3本を順番に使っていくと徐々に深い部分のネジを切っていく形になります。

ホルダーに装着

もちろんタップはそのままでは使えませんので、ホルダーにセットする必要があります。 ホルダーはタップと同じメーカーのものを用意するのがイイと思います。

タップでネジを切るときは、一周したら1/4戻すといった具合に少し進んだらちょっと戻るという動きを繰り返していくときれいにできるそうです。

また、タップでネジを切るときも先ほどのオイルを垂らしておくとスムーズですし、削りカスが固まってくれるので便利です。

完成!!

ネジを切り終わりました!! メカボの中に切削カスが入り込みますので、組み立てる前に洗浄が必須です!!

なお、固定するネジはM4×0.7の8mmナベネジを使用しました。 ロアフレーム側の穴が細くM4ネジが通らなかったので、ヤスリで少し拡大する必要がありました。 実際にねじを締めこんでみるとしっかり止められている感じがします。 ゆるみづらそうでなかなかGOODな感じになりました!!

それでは!!

CYMA製MP5A4に関する記事一覧

ピックアップ記事

  1. 【レビュー】FAB DEFENSE GLR-16 バットストック

関連記事

  1. 電動ガン

    ハニーバジャーの初速改善① ~ 低初速の原因探し

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!今回はいつものK氏か…

  2. 電動ガン

    【カスタム】HOPパッキンの気密とり

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!今回は分解したG&a…

  3. 電動ガン

    【レビュー】KRYTAC TRIDENT TR47 CRB!! ついにイカちゃんオーナーになったぜ!…

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!昨日夜、ついにKRYTAC…

  4. 電動ガン

    【エアガンレビュー】Classic Army製 HK53A2(CA53A2)

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!本日はクラシッ…

  5. 電動ガン

    【カスタム】CYMA AK-74N(CM.048)のメカボ調整②

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です。今回は前回の続きです。 …

  6. 電動ガン

    【朗報】東京マルイMC51、ストックブッ壊れるも超使いやすい

    こんにちは、おのまとぺ(゚∀。)です!!先週末はさばっちゃさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter でフォロー

最近の投稿: おのまとぺの趣味ブロ!!本館

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

こんにちは、おのまとぺ(゚∀。)です!!

【あらすじ・感想】『女の賭場』(大映/1966年)

【あらすじ・感想】『女の賭場』(大映/1966年)

こんにちは、おのまとペ(゜∀。)です!!

【感想】『兵隊やくざ』(大映/1966年)

【感想】『兵隊やくざ』(大映/1966年)

勝新太郎、田村高廣の名コンビが誕生した大ヒット戦争コメディシリーズの第一作『兵隊やくざ』の感想です。

  1. 電動ガン

    【レビュー】CYMA M16A1 ETU フルメタル(CM.009B)
  2. 電動ガン

    【B品分解】CYMA製 MP5A4(CM.027-A4)~メカボ編~
  3. 電動ガン

    LCT製AK-74MNにD-BOYS製GP-25取り付け!!
  4. 電動ガン

    【エアガンレビュー】S&T PPSh-41をIYHしてしまった!!
  5. 電動ガン

    E&C M4のスプリング交換方法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。