電動ガン

BOLT MP5のマガジン互換性について

こんにちはおのまとぺ(゜∀。)です。

 

先日購入したBOLT製のMP5Jの予備マガジンの選定に難儀しております汗 付属のマガジンもハウジングが干渉して装填しづらいんですが、それ以上に予備マガジンとして使えるマガジンが少ない!!

でも予備マグがないんじゃ困るので、家にあるMP5用マガジンをかき集めてみました。

左からCYMA製多段マグマルイ製ショートマグCYMA製スプリング給弾プラマグ、後の4本はG&P製スプリング給弾マグです。

結論から言ってしまうと、CYMA製多段マグマルイ製ショートマグG&P製マグの一部は使用できませんでした。 これらのマガジンが使用できない理由は二つ見つかりました。

①マガジン側のマグキャッチがかかる窪みの位置が違う

②マガジンの幅が違う

この二つです。

まず①ですが、下の写真をご覧ください。

↑これがBOLTの純正マグです。 くぼみから端までの距離が7.02mmとなっていました。

次に問題なく挿入できたCYMAのプラマグです。

ぶれててすみません汗 距離は7.43mmと純正よりは大きめですが、この程度なら許容範囲の様です。

↑続いてはマグキャッチがかからず使用できなかった、マルイ純正ショートマグです。 8mmを超えてくるとかからなくなる様ですね(-_-;)

CYMA製多段マグマルイ製ショートマグについてはこの①の理由で使用できませんでした。 ハウジング内には問題なく挿入できますが、マグキャッチが全くかかりません。

つづいて②です。

こちらは単純に横幅が広くて入らないパターンです。 G&P製マガジンの一部がこれにあたりました。 一部というのはG&Pの個体差で幅が結構異なっていたからです。 

BOLT製CYMA製プラマグは幅が大体22.5~6mmくらいだったのに対し、G&Pの大きいものは23.1mm程度ありました。

ちなみにどのマガジンもマルイのMP5Kでは問題なく使えていたものです。 そう考えるとBOLTのMP5は結構タイトに作られているんですね。 今後KING ARMSのマガジンなども機会があれば試してみたいと思います。 その際はまた追記しますので、よければご覧くださいね~”(@´▽`@)ノ”””

(2019/8/20追記:KING ARMS製のプラスチックマガジンは互換性ありました!!)

それでは!!

【広告】
【広告】

ピックアップ記事

  1. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを徹底比較
  2. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. ガスガン

    【レビュー】東京マルイ BODYGUARD380
  2. 電動ガン

    Arrow Dynamic(E&L製)AKMを調整!! ~メカボ編~
  3. フォースター系

    【エアガン福袋】2023新春フォースター スペシャル3.5万円福袋開封!!
  4. 電動ガン

    【組み立て】G&GのピンクM4 (GR4)
  5. 電動ガン

    ARP9の第3弾!?国内ではあまり情報がないARP9 3.0
PAGE TOP