電動ガン

S&T HK417D フルメタルの外装のガタつきをなんとかする


このブログはブログランキングに参加しています!!
ポチっと応援をよろしくお願いします!!

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回は以前レビューしたS&T HK417D フルメタルの外装のガタつきを何とかしていきたいと思います!!

前回の記事

以前のレビュー記事でも触れたのですが、S&TのHK417Dはスタンダード電動ガンとしては数少ないHK417の選択肢だったのですが、やはり低価格エアガンメーカーのS&T製品ということもあって色々残念な製品でした汗

見た目はカッコいいんですけどねぇ・・・。 外装のガタつきをはじめ、曲がっているHOPや給弾不良を起こす多弾マガジンなど色々問題はあるのですが、今回はとりあえずフロント周りのハンドガードとアウターバレルのガタを何とかしていきますよ~

アウターバレルのガタはおそらくバレルナットを締めるかスペーサーを入れれば解決すると思います。 それにはハンドガードを外さなきゃいけないので、とりあえず先にアウターバレルの固定から始めますよ~

ハンドガードを取り外す

まずはハンドガード付け根付近にあるボルトを外します。 +型のネジ山にはなっていますが普通の+ドライバーでは回しにくいので、大き目のマイナスドライバーで回すとイイ感じでした。

ボルトを2本とも緩めたら上の写真の留め具ごと取り外します。 あとはハンドガードをバレル前方方向へ引き抜けば取り外せます。

ハンドガードを取り外すとこんな感じでピストンが再現されているのがわかります。

スプリングを知事めつつ、ピストンまわりをまとめて取り外します。

解決方法はバレルナットを締めこむだけでした・・・

HK417Dのバレルナットは円筒状になっているので一般的なレンチなどでは回せません。

この写真のような特殊なレンチの突起(画面左下の方)を側面にある穴に差し込むことで締めこむことができます。 これでバレルナットをしっかり締めてあげたらアウターバレルのガタつきは収まりました!

ハンドガードのガタも締めるだけw

アウターバレルの固定が終わったのでハンドガードに移りますが、結論からいうとコチラもこの固定ボルトをしっかり締めこんでやればちゃんと固定できました・・・。 どんだけ適当な組み立てしてたんだろう(;´Д`) 最近品質があがったとはいえやはり中華は中華。 ある程度は自分でいじる覚悟がないとなかなか手は出せませんね汗

S&Tさんの製品では最近64式小銃でもてこずっているのでちょっと同社への心象が悪くなってきた今日この頃です・・・w

それでは!!


このブログはブログランキングに参加しています!!
ポチっと応援をよろしくお願いします!!

【広告】
【広告】

ピックアップ記事

  1. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!
  2. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを徹底比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. ガスガン

    【分解】東京マルイ ハイキャパDORを完全分解してみた<スライド編>
  2. 福袋

    [福袋]2022年末 FELLOWES 10万円 エアガン福袋
  3. 電動ガン

    【分解】G&G RK47 メカボックス編
  4. ガスガン

    東京マルイ製G26でG19マガジン用アダプターを使用してみた
  5. 装備品

    無線のPPTスイッチの代わりにハンドマイクを使ってみる
PAGE TOP