ガスガン

【分解】Carbon8 M45CQPの簡易分解方法とメンテナンス

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回は先日購入したCarbon8 CQPの簡易分解方法を解説していきます~

M45 CQPはCarbon8というメーカーからリリースされていますが、実際にはKJワークスの新ブランドみたいですね。 リリース当初は一発撃っただけでスライドが真っ二つに割れる動画が話題になるなど耐久性にかなり難がある様でしたが、現行の第5ロットについてはまだ破損の情報はないとエチゴヤのスタッフが言っていました(責任転嫁w)

しかし、いかに壊れにくくなったといっても、CO2が強力なパワーソースであることに変わりはありません。 極力こまめなメンテナンスを行い破損を防ぐことが肝要と思われます(*´Д`) 注油などの際に簡易分解が必要になりますのでこれから解説していきます~

動画による解説はコチラ(YOU TUBEに飛びます)

簡易分解方法

まずスライドを引いて、スライドストップの突起がスライドの小さいくぼみの位置に来る様手で押えます。

スライドを丁度いい位置で押えたら、スライドストップの軸を裏から押します。

裏側から押すとスライドストップが少々浮きますので、これを指でつまんで引き抜きます。

スライドストップを抜いたらスライドを前方から引き抜きます。 これでスライドとフレームを分離できます。

続いてスライドを分解していきます。 簡易分解の範疇でこれはフレーム側をこれ以上分解できないので置いておきます。

まずリコイルスプリングガイドを外します。 このパーツにはチャンバーの突起が差さっているので、チャンバーを抑えながら銃口方向に引き抜きます。 チャンバーから外れたらスプリングと一緒に外してしまいます。

スプリングが差さっていたパーツ(リコイルプラグ)を引き抜きます。 抜きにくい時は前から押すと抜きやすいですよ(^^)

続いて奥歯みたいな形をしたパーツ(バレルブッシング)を45℃くらいまで回して引き抜きます。

スライド前方からアウターバレルを引き抜きます。 一応これで簡易分解は終了です。

おのまとぺが注油してる箇所

次は自分の我流ですが、メンテナンスの時に注油している箇所をご紹介します。

普段のメンテナンスとしては擦れた跡のあるところをウェスやキムワイプなどで拭いてからシリコンスプレーを吹いています。 上の写真ではフレームの上部にところどころ擦れた跡があるのがわかりますね。 自分はいつもこのあたりにスプレーを吹いてます。

あとはスライドとかみ合うレール部分ですね。 ここも綿棒などで拭って削りカスと油が混ざった汚れを取り除いてから、シリコングリスを塗っています。

またバレルブッシング内にも擦れた跡が認められます。 撃つ度にアウターバレルと擦れる部分なのでここも吹いておいた方がいいと思います。 ただ、アウターバレルがテカテカになったりするので、見た目が気になる方はスプレーしたあとに軽く拭っておくといいかも。

アウターバレルとチャンバーもショートリコイルで擦れますのでスプレーしています。 ただ、チャンバーの中にスプレーが入ってしまうと弾道に影響を与える可能性があるので多少注意が必要ですかね~。 まぁ撃ってるうちに戻るのでそんなに気にしなくても大丈夫です。 どっちだよ笑

スライド側も擦れるところに吹いています。 特に丸で囲った部分はハンマーを起こす部分なので強い力で擦れます。 ここにもシリコンスプレーを付ける様にしています。 普段やっているメンテナンスはこんなものですね。 あとはバレル内の清掃くらいです。

Carbon8のM45CQPはSTGAの認証をとっている数少ないCO2ガスガンの一つです。 樹脂スライドをCO2で動かすにあたって、パーツに強い負荷が掛かり壊れやすくなるのは宿命といえます。 いつ破損するかは”神のみぞ知る”ですが、自分でできるメンテナンスは極力ちゃんとやって、長く愛用していきたいものですね!!

動画もありますのでよかったらご覧くださいね~(゚∀゚)

それでは!!

【広告】
【広告】

ピックアップ記事

  1. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを徹底比較
  2. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. 電動ガン

    【朗報】東京マルイMC51、ストックブッ壊れるも超使いやすい
  2. ガスガン

    【レビュー】東京マルイ GLOCK17 Gen.4
  3. 光学機器・マウント

    【レビュー】VORTEX STRIKE EAGLE 1-6x24mm
  4. エアコッキング

    DOUBLE BELL エアコッキングガン VSR-10 リアルウッド サムホー…
  5. 電動ガン

    【レビュー】LONEX製のメカボックスと内部パーツについて
PAGE TOP