電動ガン

【レビュー】Classic Army NEMESIS X9 届いた!!

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

まーたポチってしまいました汗

今回はClassic Army製の新製品『NEMESIS X9』をレビューします(゚∀゚)

ホビーショップいずも様から到着~

ホビーショップいずも様で予約させていただきました。

梱包が実に丁寧に施されておりとても安心感がありました。

とてもキレイな外箱

中華銃とは思えないほどキレイな状態だった外箱。

普通中華ガンだと箱に穴が開いてたりするものです。

しかし、今回は驚くほど無傷。

オープン!!

開封します!! 箱は外だけでなく中もメッチャキレイ!!

きれいにくり抜かれたスチロールにピタッと製品が収まっています。

おかげで本体には傷は見当たりませんでした!!スバラシイ!!

G&GがARP9を題してヒットし、にわかに9mmARが流行っておりますね~

この流れに乗ったかわかりませんが、今回Classic Army(以下CA)も9mmARをリリースしました。

本体

G&GのARP9に対して、CAの本製品はフルメタル!!

オリジナルデザインでも手抜きなしです!!

120連マガジン

架空銃ではあるものの、拳銃弾を使う想定なのでマガジンはSMGタイプでスリムです。

一応120連ということでした。

付属の黒の他、赤、青、黄のバリエーションもあります。

マガジンを挿入

マガジンを取り付けると見た目のバランスが結構変わります。

反対側

プローンがしずらいという難点はありますが、CQBで使えばモーマンタイ。

ストックを伸ばした状態

ストックを伸ばしてみました。

ワイヤーストックですが、剛性感はバッチリ。

反対側

ストックのバットプレートは金属に塗装です。

さらに面積が狭いので結構滑りやすくなっています。

ここは好みが分かれそうです。

その他の付属品

その他マルイのBBローダーのコピー品と説明書が入っています。

BBローダーは結構しっかりした造りになっています。

説明書は英語ですが、イラスト付きなのですぐわかります。

フロント周辺

特徴的な大型のフラッシュハイダー

この製品の大きな特長の一つでもあるフラッシュハイダー。

フラッシュハイダー

アウターバレルよりも大きな径の円に切り欠きがいくつかついた様な造りです。

14mm逆ねじ

ハイダーを外すと14mm逆ねじが顔を出します。

M-LOK対応ハンドガード

最近はやりのアタッチメント固定方式M-LOKに対応したハンドガード。

KEYMODがやや廃れてM-LOKをよく見かける様になりました。

短いのでスロット数は少ないですが、いろいろな発展性を見出せます。

フレーム周辺

イジェクションポート

ダストカバーの星条旗がイケてるイジェクションポート。

サイズが5.56弾仕様のままになっています。

ちなみにARP9は9mm仕様のポートサイズになっています。

また実銃のパナマカービンでは後ろ半分が塞がれています。

気にされる方もいらっしゃった様ですが、実銃でもそういった仕様があるので私的には気になりません。

ダストカバーを閉じた状態

ダストカバーを閉じておくことができます。

チャンバーは樹脂製

チャージングハンドルを引くとパカッと開きます。

チャンバーは青い樹脂製です。

HOP調整はバレル同軸のドラム式でクリック感があり調整しやすそうな印象。

特徴的なマグキャッチ

マグキャッチは独特の形状をしています。

なお、マガジンは侍従で落下するどころか、ちょっと勢いよく飛び出してくる感じです。

セレクターはアンビ、トリガーはストレート

セレクターは左右どちらかも操作可能なアンビタイプ。

トリガーは民間ARを想起させるストレートタイプです。

刻印の入ったフレーム

アッパー側にうっすらとネメシスの刻印が見えます。

主張しすぎないのがステキですね。

ボルトリリースレバーはダミーですが、スプリングが組まれておりカチャカチャ動かせます。

オリジナルのグリップ

ゴルフボールのディンプルの様なくぼみがつけられたグリップ。

太さがある割に握りやすい印象。

上部レイル

上部のレイルはハンドガードまで同じ高さになっています。

デフォルトでフリップアップサイト装備

リアサイトとフロントサイトは標準装備。

フリップアップサイトを立ち上げた状態

フリップアップサイトを起こすとこんな感じに。

サイトをのぞいたところ

上の写真ではフロントサイトがピンボケて見えずらいですが、HK416の様な形状をしています。

サイトをたたむときは横のボタンを押しながら折りたたみます。

チャージングハンドル

チャージングハンドルはカスタムタイプが搭載されています。

両側からアクセスできるアンビタイプです。

ストック内部にバッテリーを収納する

バッテリーはストック内部に収納します。

収納方法をご紹介します。

ストックを伸ばす

まずストック下部のレバーを押しながらストックを伸ばします。

ストックパイプ

この太目のストックパイプ内にバッテリーを収納します。

ストックパイプ後端のつまみを持ち上げる

ストックパイプの後ろの端に持ち上げられるつまみがあります。

カバーを外す

つまみを持ち上げながらカバーを外します。

中にミニSタイプのコネクターが収納されています。

私が試したところだとLiPoのミニタイプは収納可、PEQタイプは幅が入りませんでした。

オプション装着

手持ちのオプションを庄着してみました。

以前勢いで購入して使い道に困っていた金色のノベスキーハイダーがようやく居場所を見つけられた感じ笑

結構似合ってます(´∀`)

初速 ⇒ 83m/秒

サイクル ⇒ 約16発/秒

うーん、性能はまずまずといったところでしょうか?

私は室内戦でセミ運用を想定しているので問題ありません。

今度ウーパー新横浜さんにお邪魔するので、またレポートを加筆したいと思います(´∀`)

それでは!!

ピックアップ記事

  1. 【レビュー】FAB DEFENSE GLR-16 バットストック

関連記事

  1. 電動ガン

    UMP COMPETITION再生計画

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!かつてメインウ…

  2. 電動ガン

    3点バースト楽しすぎ!! ARESバーストコントローラーを買ってみた!!

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!先日ARESのEFCS…

  3. 電動ガン

    【レビュー】E&L製AKMS DX ver.

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!昨年末、育児ストレスで…

  4. 電動ガン

    東京マルイ 電ハンG18C セクターギア交換・軸受ベアリング化

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!本日は以前ギアクラッシ…

  5. 電動ガン

    【分解】G&G RK47 メカボックス編

    メカボックスの分解こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!! 今回は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter でフォロー

最近の投稿: おのまとぺの趣味ブロ!!本館

【映画レビュー】『バンブルビー』 (2019)

【映画レビュー】『バンブルビー』 (2019)

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です。

【映画レビュー】『沈黙の達人』 (2018)

【映画レビュー】『沈黙の達人』 (2018)

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です。

【特撮俳優】河内桃子さん

こんにちは、おのまとぺ(・∀・)です。

  1. アクセサリー

    【カスタム】VSR-10にShot Trakを取り付ける!!
  2. 電動ガン

    【組み立て】Classic Army製 HK53A2(CA53A2) ~チャンバ…
  3. 電動ガン

    【カスタム】CYMA AK-74N(CM.048)のメカボ調整②
  4. 電動ガン

    【分解】G&G RK47 メカボックス編
  5. 電動ガン

    【カスタム】CYMA AK-74N(CM.048)のメカボ調整①
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。