ガスガン

【ダダもれ】WE-TECH製P-MAGのガス漏れ修理

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

本日は長モノガスブロのマガジンの修理のお話です。

随分前に買ってちょっと撃っただけで放置していたWE-TECHのMSK(モデルはRemington ACR、いわゆるMASADA)ですが、数年放置している間にマガジンのパッキンがダメになったようでガスを注入した瞬間に放出バルブ側から全部お漏らししてしまう様になってしまいました。 こりゃ困ったわい/(^o^)\

しかし、こういったガス漏れの場合おそらく簡単な整備で直ると思うので、とりあえずやってみたいと思います。 ガスブロのマガジンは改めて買うとなると結構なお値段しますから極力長く使いたいものです。

必要な工具はとりあえずバルブレンチだけです。 ガスブロをお持ちなら必ず一つは持っていた方がいいアイデムです。 大抵のマガジンのガス漏れはバルブを締めこむか、パッキンにシリコンスプレーを吹くと治っちゃいます。

このマガジンは上からガス漏れを起こしているので、放出バルブを外す必要があります。 しかし、マガジンケースを外さないとバルブにアクセスできませんね。

マガジンの底の真ん中にある細長いボタンをドライバーなどで押し込みます。

マガジンの底のプレートをスライドさせて外します。 ボタン側の板は下からバネで押されているので飛び出してきます。 お気をつけて~。

底板と内側の板が外れました。 しかし、分厚いマガジンケースだこと・・・。

矢印で指したプラスネジを外します。 小さいネジなので紛失にお気をつけて!

マガジンケースから中身を取り出します。

バルブの修繕

これが問題の放出バルブです。 当然ですが見ただけでは問題はなさそうです。

バルブレンチを使って取り外していきます。 反時計回りに回すと外れます。 あまり勢いよく回すとパッキンが切れてしまうかもしれないので慎重に回していきます。

これが放出バルブです。 こんなひょうたんみたいな形をしているんですね(゚д゚) 推測するに矢印で指したパッキンが原因だと思います。 せっかくなので他のパッキンと一緒にシリコンスプレーをかけて馴染ませておきました。 終わったらまたバルブレンチでしっかりと締めこんでおきます。

修理したのちガスを充てんしてみましたが、ガス漏れはなくなりしっかり撃てる様になりました。(写真はイメージなのでP-MAGは写ってません笑)

ガスブロのマガジンは一本8,000円したりするものもありますので、壊れたからと言ってホイホイ買い替えられる様なものではありません。 簡単なガス漏れ程度だったらバルブレンチだけで直る場合も多々ありますので、もしガス漏れがあった際にはためしてみてください(゚∀゚)

なお、ハンドガンのマガジンも似た様な手順で修理できる場合があります。 ご参考までに~

それでは!!

【広告】
【広告】

ピックアップ記事

  1. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを徹底比較
  2. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. ガスガン

    【まとめ】東京マルイGLOCK17 Gen.4の記事一覧
  2. 電動ガン

    【エアガンレビュー】Classic Army製 HK53A2(CA53A2)
  3. FIRST系

    【福袋】FIRST大阪本店26周年記念福袋10万円!!
  4. 電動ガン

    【レビュー】実物ガンケース!!HAZARD4 SMUGGLER PADDED R…
  5. ガスガン

    【カスタム】Carbon8 M45CQPにDCIGuns製アウターバレルを装着!…
PAGE TOP