電動ガン

【レビュー】LAYLAX製次世代クリンコフ用KEYMODハンドガード

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

今回はLAYLAX製の次世代AKS74u用KEYMODハンドガードをレビューしていきます!!

コチラがパーツですね~ 仕上げは大変キレイです。 そして軽量!

上部には20mmレイルが備えられています。 ここにも肉抜きの穴があり、軽量化に貢献しています。

ロアとアッパーハンドガードに分けてみました。 使用するパーツはこれだけです。 非常にシンプルですね。

それでは、早速本体に取り付けていきます。

純正ハンドガードの取り外し

フラッシュハイダーを外し、写真に示した六角ネジを二つ取り外します。

フロントサイトを前方から引き抜きます。 アッパーハンドガードが同時に外れます。

次にロアハンドガードを固定しているハンドガードリテイナーを取り外します。 矢印の六角ネジをはずします。

前方からハンドガードリテイナーを取り外します。 ロアハンドガードも外れます。 これで本体側の準備は完了です。 

ハンドガードの取り付け

ハンドガードの六角ネジを取り外します。

ネジを外すとこの様なパーツが取り外せます。 ハンドガードとアウターバレルを結合させる重要パーツです。

付属の黒いシートはこの様にハンドガード内側に敷いておくと、ヒューズなどの配線がKEYMODスロットから見えてしまうのを防ぎます。

先ほどのパーツをアウターバレルに通し、ロアハンドガードを被せます。

続いてこの六角ネジを締めて、結合パーツとロアハンドガードを固定します。

ハンドガード外側からもネジを締めて固定します。 矢印で指した2か所と裏側に1か所ネジ穴があります。

ハンドガードを固定したらフロントサイトを取り付けます。 2本のネジも締めます。

アッパーハンドガードをはめます。

しかし、単純にアッパーハンドガードをはめただけではサイズがあっておらずがたつきます。

そこでアッパーハンドガードのフロントサイトとかみ合う部分のパーツの前後位置を調整します。 上の写真に写っている二つの六角ネジと裏側のもう一つの六角ネジを緩めると、件のパーツを前後に動かすことが出来ます。 位置が決まったらネジを締めこんで固定します。 この調整を行うことでガタを減らすことができます。

取り付けは以上です。 加工なしでポン付けできました。 初心者でも簡単に取り付けられると思います。 もともと拡張性に乏しい次世代AKですので、こういったパーツの存在はありがたいですね。

しかし、アッパーハンドガードにガタつきがあり光学を載せるのには適さないところは不満でした。 バッテリースペースになっている以上、開け閉めをする必要がありますので仕方ない部分もありますが、もうちょっと何とかならなかったのかなとは思います。 最悪ロアハンドガードから配線を出して、バッテリー収納可能なフォアグリップを取り付けて、アッパーハンドガードはガッツリ固めてしまうという手もアリかもしれません。

それでは!!

ピックアップ記事

  1. 【レビュー】FAB DEFENSE GLR-16 バットストック

関連記事

  1. 電動ガン

    【修理】東京マルイ 電動ハンドガンG18C 軸受・配線交換

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!前回バラした友人の電動…

  2. 電動ガン

    無骨なAKに一味!!LCT製ベークライト風グリップ

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!まずはコチラのAK74…

  3. 電動ガン

    【修理】東京マルイM16A2フルメタルカスタム コネクター交換

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!今回は友人K氏からお預…

  4. フラッシュライト

    【レビュー】Beta Project MX200 ウエポンライト

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!Beta Projec…

  5. 電動ガン

    【分解】JG製AK-47βショーティー ~外装編~

    こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!! 先日購入したJi…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter でフォロー

最近の投稿: おのまとぺの趣味ブロ!!本館

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

【映画】泥棒番付(大映・1966年) – あらすじ・感想

こんにちは、おのまとぺ(゚∀。)です!!

【あらすじ・感想】『女の賭場』(大映/1966年)

【あらすじ・感想】『女の賭場』(大映/1966年)

こんにちは、おのまとペ(゜∀。)です!!

【感想】『兵隊やくざ』(大映/1966年)

【感想】『兵隊やくざ』(大映/1966年)

勝新太郎、田村高廣の名コンビが誕生した大ヒット戦争コメディシリーズの第一作『兵隊やくざ』の感想です。

  1. ガスガン

    WA SV インフィニティ リミテッド シルバー
  2. 電動ガン

    【分解】ARES AMOEBA ハニーバジャー~外装編~
  3. 電動ガン

    LCT製AK-74MNモダナイズ計画① TWI製ZENIT RK-3タイプグリッ…
  4. 電動ガン

    【分解】ARES AMOEBA ハニーバジャー~メカボ編~
  5. 電動ガン

    マルイのスタンダードG36CのHOPパッキン交換&気密取り!!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。