フラッシュライト

【レビュー】Beta Project MX200 ウエポンライト


このブログはブログランキングに参加しています!!
ポチっと応援をよろしくお願いします!!

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

Beta Projectのフラッシュライト『MX200』を購入しましたのでレビューしていきますよ~

こんな感じの外箱に入っていました。 シンプルですがカッコイイデザインです。 今回はSAMURAIさんの正月セールで購入しましたが、外装のへこみ等は全くありませんでした!

本体はがたつきなくピッタリとスポンジに納められています。 本体は金属で頑丈とはいえ、一応レンズや簡単な回路があるので用心するに越したことはないですね!

コチラが本体です。 表面の塗装や滑り止めのギザギザなどもとてもきれいに処理されています。

ホワイトで入っているプリントも綺麗に仕上げられています。 なお、このプリントは『OFF – W – IR』となっていますが、この部分は回転せずダミーになっています。

本体後方のスイッチの部分がネジになっており、これを回して外すことでC123A電池を2本入れることができます。

部屋を真っ暗にしてスイッチを入れてみました。 ちょっと中心が寄っている感じはありますが、きれいな円になっています。 明るさはカタログスペックでは250ルーメンとのことです。 点けて見た感じでは暗い室内では問題ないですが、夜間に屋外でしようする場合だとちょっと物足りない光量かもしれません。

CYMA製のTACTICAL AKに取り付けてみました。 TANのフォアグリップやレイルパネルなどと合わせてセッティングするととてもマッチする色合いですね~

ティルト状態

このライトの最大の特徴は本体とレイル取り付け部分の間にヒンジがあり、本体側回転させることですぐに45度配置に変更することが可能な点です。 斜め45°の位置にライトを取り付ける本来の目的は、バレルやハイダーによって正面に影ができてしまうことを避けるためですが、この配置にすることでスリムにライトを取り付けられるというメリットもあります。

重さは電池含めて180グラムでまぁまぁズッシリしていますが、フルメタルのAKに乗っけると銃本体がとても重いのであまり気になりません←

スイッチの動きは良好ですし、このティルト機能はサバゲの時に意外と便利です。 また質感がよく所有欲も満たしてくれる一品だと思います。 ちょっと高いのが玉に瑕かな~

それでは!!


このブログはブログランキングに参加しています!!
ポチっと応援をよろしくお願いします!!

【広告】
【広告】

ピックアップ記事

  1. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを徹底比較
  2. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. 電動ガン

    壊れたS&T 64式を修理するよ!!③パーツ交換&組み立て
  2. 電動ガン

    脅威の高コスパ!!ARCTURUS MUR MOD.B ライトウェイト
  3. 電動ガン

    【B品開封】東京マルイ製 次世代SCAR-L 簡単に直っちゃったよ・・・
  4. フィールド

    BB-JUNGLEさんで貸切ゲームしてきたよ!!
  5. ガスガン

    【組み立て】東京マルイ ハイキャパDORの組み立て <スライド編>
PAGE TOP