光学機器・マウント

【買ってみた】実物スコープ 『Bushnell 1-4×24 Drop Zone-223』

こんにちは、おのまとぺ(゜∀。)です!!

この度ついに実物光学機器に手を出してしまったでござる!! 自ら沼に足を突っ込んでしまった!!

今回購入したのは『 Bushnell 1-4×24 Drop Zone-223 』。 さすが箱からして立派なもんです。 さすが高級品や~

コチラが本体です。 今回はJP ARMYさんで購入しましたが、傷などはありませんでした。

付属品はBushnellのサイトへの登録の仕方と説明書、六角レンチでした。

スコープにはマウントリングが必要ですので、こちらも実物の『 Monstrum offset 1″/30mm 』を合わせて購入。 両方合わせて45,000円ちょっとでした。 結構なお値段ですが、これ実物光学の中じゃ恥ずかしくなるくらい安い部類です・・・笑

実際にCYMAのZhukov AKにマウントしてみました!! うひょ~、カッコよすぎて失禁しそう!! ワンピースタイプのスコープマウントにあこがれてたんですよね~

うん、程よくゴツくて、程よくスマート(意味不明) 今まで中華ガンのおまけで付いてきたスコープなんてものも使ったりしていたのですが、当然のことながら比較の対象にならないほどガッチリ固定されています。

ちょうどテレビに映っていたおじさんに標的になっていただきました笑 かなりクリアなのがお分かりいただけるでしょうか? また、安いスコープだとレティクルが見えなくなってしまったりするのですが、このスコープでははっきりと視認することができます。 外縁部の歪みも気にならないくらい少ないですね!! 1倍でも4倍でもかなりクリアで明るい視界を保てます!! これが実物の力か!!

さてかなり簡単なレビューになってしまいましたがこのくらいで終わりにしたいと思います。 スコープのレビューなんてしたことないんで、何をどうしたらいいか分からないんですよね笑 今後よそのブログ様を参考に勉強していきます汗

なお、Drop Zoneは現在生産されていないようで後継機種っぽいものが出ています。

それでは!!

【広告】
【広告】

ピックアップ記事

  1. 電動ガンのオススメ配線はコレだ!!:配線の材質、太さなどを徹底比較
  2. 家の壁にエアガンラックを作ろう!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. 電動ガン

    脅威の高コスパ!!ARCTURUS MUR MOD.B ライトウェイト
  2. 光学機器・マウント

    【レビュー】CHATON KM-01 オープンダットサイト
  3. 電動ガン

    【俺たちのAK】ここがガッカリだよver.3メカボ
  4. 電動ガン

    【カスタム】次世代クリンコフにサマコバを入れてみる
  5. 映画

    ミサイルからハンドガンまで!『13時間 ベンガジの秘密の兵士』に登場した兵器
PAGE TOP